ホーム » レーシック情報 » 

品川近視クリニック福岡の評判や特徴はどうなの?


福岡のレーシックで安全性の高さと便利さの両方を兼ね備えたクリニックといえば、品川近視クリニックです。
 

徹底した事前検査とアフターケアがついているうえ、検査と施術の両方を1日のうちに一気に受けられる便利な1日レーシックも選べます。
 

レーシックに高い安全性を求める方はもちろんのこと、忙しい方にもオススメのクリニックです。

 

事前のDNA検査でリスク回避!

 

レーシック施術を受けると視力低下を引き起こす“角膜変性症”。
 

この角膜変性症は、診断が難しいうえに未発症ともなると検査をしても見つけられないことから、レーシック施術の大きなリスクとされています。
 

ですが品川近視クリニックでなら安心して施術に臨むことが可能です。
 

というのも品川近視クリニックでは、レーシック前に5タイプの角膜変性症を確実に見つけ出せる角膜変性症検査「アベリーノユニバーサルテスト」が提供されているため
 

(※アベリーノユニバーサルテストはアベリーノ社が発行する認定証を受けた施設のみに許されるテスト)
 

事前に角膜変性症の有無をシッカリ確認することによって術後の視力低下リスクを大幅に低減できるため、より安心して施術を受けることができるのです。
 

なお、検査にかかる費用は10,000円ですが、検査後に品川近視クリニックでレーシック施術を受ける場合は検査費用が発生せず、この費用はタダになります。
 
 

便利で嬉しい“1日レーシック”にも対応!

 

多くのクリニックでは、検査・カウンセリング・施術が別々の日に行われるもの。そのため、レーシックを受けたくても時間がなくて難しいという方は多いはずです。
 

そんな方にも「品川近視クリニック」はオススメ。
 

というのも、ここでは“1日レーシック”という“事前検査~施術までを全部1日のなかで済ませることが可能なシステム”が用意されているため。
 

この方法を選べばスケジュールをあけるのが難しい方でもレーシック施術を受けることができますね。
 

なお、1日レーシックでは、まず午前中にレーシックが可能かどうかの適応検査とカウンセリングを受け、検査結果が良好であれば午後に施術を実施(しばらく休憩ののち)そして帰宅という流れになります。
 

定期検査のために施術後に再度クリニックを訪れる必要はありますが、検査+施術をグッと凝縮して1日のなかで済ませられるというのはとにかく便利。
 

忙しくてこれまでレーシックを諦めていたという方も、このサービスを利用すればスムーズに施術が受けられるのではないでしょうか。
 

 
 

豊富な症例数・明確な料金システムで安心!

 

最安の施術 メイン施術 適応検査
品川イントラレーシックアドバンス
14.7万円
アマリス750Zレーシック
29.7万円
無料

 

品川近視クリニックの2004~2018年度のレーシック症例数は合わせて125万件以上です。
 

丁寧な検査とカウンセリングをもとに実施される安全性を重視した施術と充実のアフターケアが高く評価され、多くの人に支持され選ばれているのです。
 

また、料金システムのわかりやすさも、こちらのクリニックの嬉しいポイントのひとつ。
 

品川近視クリニックでは複数のタイプのレーシック施術を受けることが可能なのですが、それぞれの施術にかかる費用はどれもキチンと公開されており、クリニックを訪れる前にHPなどで確認することができるようになっています。
 

さらに各施術には保障費も含まれているので安心(種類によって保障年数には違いあり)。
 

無料のレーシック相談会も定期的に実施されてもいます。
 

不明点や不安なことを直に、しかもタダで聞けるチャンスです。こうした機会が設けられているのも「品川近視クリニックならではのポイントのひとつといえるでしょう。
 

望月眼科(福岡)のレーシックのメリット・デメリット


望月眼科の特徴は、オーダーメイドレーシック手術です。患者一人一人に合わせた、最適な方法を、高度な知識と技術をもった専門医が選択します。
 

事前に行う検査にてiDesignRという設備にて、検査を行います。
 

この最新設備は依然使われていた設備の5倍の能力があり、今まで測定、解析できなかった目にも対応が可能となった。
 

正確に検査できる事により、最適な手術が行えるのです。
 

アイデザインアイレーシック

 

望月眼科での、最大の特徴はアイデザインアイレーシックです。
 

アイデザインレーシックとは、アメリカの空軍パイロットや宇宙飛行士にも使われている、最先端のレーシック手術になります。
 

この手術を行える医院は日本全国で数える程しかありません。この方法の優れた点は患者さん一人一人に合わせて手術が可能になる事です。
 

従来のレーシック手術では、角膜や目の歪みを正確に読み取る事が難しく、メガネと同等の矯正しか得られる事が出来ません。
 

新しい術式では、検査の段階で大きな違いがあります。最先端設備で測定する事により、今まで難しかった、一人一人違う、目の歪みを測定できるようになったのです。
 

この技術の進歩により、一人一人にあった矯正を行えるようになりました。技術の進歩とはすばらしい物で、日々進歩が進んでいます。
 

しかし、その進歩を取り入れられる眼科はそう多くありません。設備のコストであったり、技術などのノウハウを導入するのは、そう容易いことではないからです。
 

望月眼科では最先端のアイデザインレーシックが受けられるので、レーシック福岡なら望月眼科も候補に入れていいかもしれません。
 
 

アイデザインレーシックのメリット

 

女性

アイデザインレーシックレーシック手術には6個のメリットがあります。
 

手術に伴う痛みが少ない事や、視力回復が早いのは従来のレーシック手術と同じですが、そのほかに4個のメリットが存在します。
 

フラップ作成に伴うトラブルが少ない

フラップというのは、角膜の上に載せるものとイメージしていただければよいでしょう。
 

従来のレーシック手術は角膜を直接削り調整する事により、視力の回復させるものでしたが、現在はフラップを使う事により、角膜の薄い方でも手術が可能になっています。
 

望月眼科の利点は、そのフラップを作成する設備が最新のもので、完全に近い均等なフラップを作成できます。
 

均等なフラップを使用する事により、あとあとトラブルが少なくなるのです。
 

一人ひとりの目に合わせた矯正が可能

冒頭の話にも出ていましたが、最新の設備で検査する事により最大1257箇所を測定できます。
 

これだけ細かい測定が可能なのも最新設備を導入している望月眼科の強みです。この検査により最適なフラップを作成できるのです。
 

その他下記のようなメリットもあります。
 

LASIKより適応範囲が広い

術中眼圧の上昇が少ない

 
 

アイデザインレーシックのデメリット

 

どんなものでもやはり、デメリットは存在します。アイデザインレーシックのデメリットは大きく二つです。
 

アイデザインレーシック手術を行っている病院が少ない

冒頭でもありましたが、最新の技術ですから、まだ全国に浸透していないのが現状です。
 

それだけに、情報も少なく、利用できない患者さんが多くいらしゃる事は、デメリットの一つと言えるでしょう。
 

費用が通常レーシック手術にくらべ高い

やはり、最新の設備と技術に費やす費用がありますから、少々高くなってしまいます。
 

望月眼科の料金表をみて頂けるとわかるのですが、同じフラップを使う術式の物と比べると2万円ほど高くなっています。
 

もちろん、安ければ良いといったものでもないですから、アイデザインレーシック手術が適応できるのであれば、こちらをお勧めしたいです。

レクストはリスクもある?最新施術レクストを超解説!


昨今、パソコンやスマートフォンなどの復旧で、仕事やプライベートなどで目を酷使することが増え、視力低下のリスクが増加傾向にある世の中になってきました。
 

また、歳とともに引き起こされる遠視などの問題も目の悩みですよね。
 

視力は低下してしまったが、メガネやコンタクトレンズでは矯正をしたくない。できれば自分のそのままの目の視力を回復させたい。
 

そういった悩みを持たれる方も多いと思います。そんなあなたにおすすめなのが品川近視クリニック福岡院のレクストです。
 

レクストは視力回復と角膜強じん化を同時に達成することができる最新の視力回復治療法。
 

では従来の視力回復法であるレーシックとレクストでは何が違い、なぜレクストが最新と言われているのか。
 

レーシックは確かに視力の回復を期待できる治療法ではありますが、レーシックの治療を行うことにより、角膜の強度が低下してしまうというデメリットがあるようです。
 

この角膜の強度が下がることにより角膜拡張症の発症や近視・遠視の戻りが起こり安くなってしまうと言われているのです。
 

レクストはその角膜の強度を強じん化し強度低下を抑えることによりリスクを少なくして視力回復できる施術なのです。
 

 
 

レクスト治療のメリット

 

レクスト治療の魅力はたくさんあり、
一つめは上記でも記したように、角膜を強じん化するとともに、視力回復ができる治療法であるということです。
 

その他にもメリットは多数あり、
 

・近視や遠視の戻りを抑制できること
・両目の治療が、約10分程度で完了すること
・近視だけではなく、遠視や乱視の矯正も可能なこと
・レーシック治療で生じやすいドライアイになりにくいこと
・レーシック治療不適合だった方も受けられること
・ハローグレア現象が軽減されること
(ハローグレア現状は、レーシック治療などで起こる、夜間に光が滲んで視界が眩しく見えてしまう現象)
 

などが挙げられます。
 

レクスト治療はレーシック治療で起こり得る多数の不安要素を全て軽減することができ、視力回復治療には興味はあるけれど、不安要素も多く、なかなか治療に踏み切れないという方にも安心して受けていただける視力回復治療と言えるのです。
 
 

では上記で挙げたメリットの他に、レクスト治療にはリスクはあるのでしょうか。

 

レクスト治療は、一般的なレーシック治療に角膜強じん化治療を加えた治療法であり、視力回復の治療だけをとれば、レーシック治療と同じです。
 

角膜強じん化治療で、多少のリスクは軽減できるものの、「軽減」程度ですので、レーシックで起こり得るリスクが多少は起こりうるという点が欠点かもしれません。
 

リスクとして考えられるのは下記の4点です。
 

・治療直後はドライアイになることもある。
・ハローグレア現象が軽減されているとはいえ、多少は生じやすいということ
・多少なりとも、自己の角膜力からは強度が劣っていってしまうこと
・想像していたよりも視力が回復しなかったりするかもしれないこと
 

しかし、レクストは角膜強じん化治療を行いつつ視力回復に努める治療法であるため、普通のレーシック治療よりはリスクが低い施術です。
 

視力回復治療を検討されている方は、より安全なレクストを選ばれることをお勧めいたします。
 
 

クリニックでレクスト治療を受けるメリット

 

しかし、やはり上記で記したリスクは、多少のものでも気になるものですよね。
 

同じような治療を行なっているクリニックもありますが、不安要素を少しでも軽減させて治療に挑むために、品川近視クリニックで治療を受ける安心の理由を紹介いたします。
 

品川近視クリニックで治療を受けるメリットは、手厚い背術方法と環境にあります。
 

レクストを受ける前の不安を十分に解消した上で治療を受けられるように、術前のカウンセリングはじっくり丁寧に、患者さんが納得した上で最適な治療を受けられる環境を作ってくれています。
 

ですので、この事前カウンセリングで、不安要素となることは全て解消しておくのをお勧めします。
 

また、術後も安心のアフターサービスがあり、長期の安心保証制度が設けられています。
 

品川近視クリニックには3万?5万症例の症例実績を持った眼科の専門医が在籍しており、使用される機材なども徹底した衛生管理のもと揃えられており、患者に直に触れて使用する機材に至っては、使い捨てのものを使用しており、技術面・衛生面においても安心して治療を受けることができます。
 

お客様のライフワークに少しでも答えられるよう、クリニックには託児所が完備されており、お子様がいてなかなか治療を受けられそうにないと悩んでいる方も、安心して来院できます。
 

また、検査と背術が1日で終わるため、仕事が忙しく休みがなかなか取れない方や、遠方から来る方などにも短時で対応できます。
 

クリニックが遠方すぎて、試したいけど通院できないとお悩みの方には、対象の施述に限り(一部)交通費を補助してもらえたり、提携ホテルに宿泊して、施術を受けることができます。
 

提携ホテルは自腹での宿泊にはなりますが、急な予定変更で治療日が変更になった時などのキャンセル代はかからなくなるメリットがあります。
 

上記で記したように、治療の開始から終わりまで至れり尽くせりなサポート環境がございますので、品川近視クリニックでは安心して治療を受けられます。
 
 

眼鏡やコンタクトレンズのいらない、自分の目を活かすために

 

レクストは、眼鏡やコンタクトレンズを要しない、自分の目を活かすための画期的な治療法となっております。
 

角膜強じん化治療を取り入れることにより、目へのリスクを限りなく軽減させ、近視だけでなく、遠視や乱視などの視力低下に悩む方々の視力を限りなく安全に回復させるものとなっております。
 

・視力が落ちて、字が見えにくくなってしまった。
・仕事に支障が出るようになってしまった。
・生活に支障がでる。
 

だけれども、メガネやコンタクトレンズなどの視力強制アイテムは使用したくないという方は、レクスト治療をご検討してみてはいかがでしょうか。
 

術前に十分なカウンセリングを受けることが可能ですので、まずはレクスト治療の話を聞きに行き、納得するまで専門の先生と相談してみ
ることをお勧めします。

 

岡眼科クリニック(福岡市)のレーシックは安心?


眼はデリケートな部位なので、治療を受けるならより安全できて最先端の技術を取り入れているクリニックを選びたいと思いませんか。
 

岡眼科クリニックは、先進医療眼科として最先端の治療を取り入れています。
 

最先端の治療を行っているだけではなく、もちろん安全面にも配慮しています。患者さんが安心して治療を受けらえることを考えた眼科クリニックです。
 

安全への取り組み

 

どのような治療でもそうですが、安全に配慮して行うことは基本中の基本です。しかし、医療事故が報道されるように安全面で不安なクリニックも存在するようです。
 

岡眼科クリニックは、開院歴15年、術後感染症ゼロのクリニックです。
 

人間はどんなに気をつけていてもミスをしてしまう存在ですが、医療現場でミスは許されません。

そのため、連日安全管理の取り組みを行っています。また、毎月全体会議を行いよりよい医療を目指しています。
 

また岡眼科クリニックでは安全委員会を設置しています。

安全委員会では、科学的根拠に基づく医療の導入、院内で医療安全管理委員会を運営して毎月会議を行う、ISO9001(国際標準化機構)を取得、ホームページ内で改善点を定期的に報告といった取り組みを行っています。
 

もし福岡でレーシックを受けようかと考えているなら、岡眼科は候補にあげてもいいかもしれません。
 
 

万全のアフターケア

 

岡眼科クリニックでは安全のアフターケアを行っています。
 

まず、万が一のことが起こらないように徹底した安全管理を行うことが重要です。岡眼科クリニックでは、手術室の清潔管理・環境維持の徹底、術後生活の指導・相談、手術後の痛み軽減プログラムといった安全管理を行っています。
 

再照射・追加矯正は、初回手術より3~5年は無料です。手術後に近視が戻った、視力が落ちたという場合は再照射・追加合矯正を無料で行います。
 

手術で怖いのは合併症ですが、岡眼科クリニックは術後感染症ゼロです。岡眼科クリニックは厚生省の認可を受けた先進医療認定施設で、万が一合併症が起こった場合でも万全の治療で対応をします。
 

手術後は経過を見ることも重要になるのですが、岡眼科クリニックでは術後1年間は術後検診が無料です。何か不安があったときにも相談できます。
 

さらに3か月間点眼薬を必要に応じて無料でもらうことができます。LASIK術後点眼薬以外は自己負担です。
 
 

院長について

 

岡眼科クリニックの院長は岡義隆です。
 

岡院長は、エキシマレーザー Visx認定医、角膜内リング(ICRS)認定医、フェムトセカンドレーザー IntraleseFS認定医など、13もの認定医資格を取得しています。
 

さらに、本弱視斜視学会 正会員、日本眼科学会認定専門医など、10もの学会に所属しています。
 

学会講演も多数行っており、これまでには日本眼科手術学会イブニングセミナー、JSCRSランチョンセミナー、日本眼科手術学会 Laser Vitreolysis トレーニングセミナーなどです。さまざまな学会講演会を毎年行っています。
 

全国学会発表や論文発表、報道・メディアへの出演も行っています。報道・メディアへの出演は2003年から行っており、毎年新聞・雑誌への掲載やテレビに出演をしています。
 

安全な手術を受けるには最先端の医療を取り入れていることはもちろんですが、医師の腕も重要です。さまざまな認定医資格を取得し、論文の発表なども行っている医師なら、安心して手術を任せられることでしょう。

リレックススマイルのメリット・デメリット


最新の視力回復治療…リレックススマイルとは?

今まで視力回復治療と言えばレーシックが主流でした。レーシックの治療法は、簡単に説明すると角膜の約3分の1を特殊な器械で切開し、その下の角膜実質にレーザーを照射、角膜のカーブを変化させ視力を向上させる方法。
 

難点はドライアイが起こりやすいこと、そしてその期間が長引きやすいことでした。
 

リレックススマイルの治療法は角膜の3mmから4mmの切開を作り、内部に薄い切片を作ります。その角膜切片を取り除くことで角膜の形状を変化させ、視力を向上させます。
 

切開幅がレーシックの約1/10と狭いため、術後の強度の強さ、ドライアイになりにくいというメリットが。その上、痛みが少なく手術も短時間で終わります。
 

今はまだ手術を受けられる病院の数は少ないですが…リレックススマイルは間違いなく次世代の屈折矯正手術と言える、最新の治療法です。
 
 

リレックススマイルのメリットとは

リレックススマイルのメリットは、過矯正になりにくく狙った視力を実現しやすいという点、強度が強いため格闘技などの激しいスポーツをしている人でも安心であるという点、短い時間で手術が完了するという点、ドライアイになりにくいという点が挙げられます。
 

また、再近視化が起こりにくいというところもリレックススマイルのメリットのひとつです。
 

術後の視力が安定しやすい、という点が、視力矯正施術を受ける上での一番のメリットだと言えます。
 

目はデリケートな部分、何度も受けられる部分ではありません。将来的なことを考えた上で、いい視力が長い期間保つことができるのは最大のメリットになるのです。
 
 

リレックススマイルのデメリットって?

リレックススマイルのデメリットは、まず一番に受けられる病院が少ないという点が挙げられます。
 

たまたま近所でやっていれば問題ないのですが…施術を受ける時、検査の時など何度も通わなければならなくなるので交通費など費用の面でのデメリットが大きいです。手術の費用もレーシックより若干高めとなります。
 

手術時は、黒目を動かさないこと…これが大切になります。同じ場所をずっと見続けなければいけない、これができずに失敗してしまった場合は従来のレーシック施術に切り替えられる場合も。この点もデメリットと言えるかもしれません。
 

また、軽度の近視や高齢者の近視には向かない、との声も。そして実績や年数の少なさも今の時点ではデメリットのひとつであると言えるでしょう。新しい手術なのでまだとにかく…症例が少ないのです。
 
 

悩むより…まずはとにかく相談を!

リレックススマイルを受けたい、と思っても、目の状態によっては受けられないことも…。
 

まずは相談会に参加し、術前検査を受けることが大切です。涙の量や角膜の厚さなどの術前検査をしっかり受けて、自分の目がリレックススマイルを受けることができる目なのかどうか、知ることが大事なのです。
 

コンタクトレンズ使用者の場合は、検査の前から眼鏡での生活が必須になります。手術前も、です。
 

相談し、納得した上で手術を受けましょう。朝起きてすぐから目が見える感覚…まさに快感ですよ。しっかり検査、手術、治療して、視力を取り戻しましょう。
 

最近の投稿
 
error: Content is protected !!